男性ホルモンの分泌量が減少すること

勃起力を低下させる原因は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減ること、血流が悪化することの二つがある。
突然だが、勃起する仕組みを知ってるか?
勃起はペニスの海綿体に血液が大量に流れ混むことでペニスが勃起するんだ。
で、シアリス血流を増やすのに大事な役割をしているのが男性ホルモンのテストステロン。
つまり、血流が悪くなるとペニスの海綿体に流れ混む血液の量が少なくなって、勃起力が低下する。
また、テストステロンの分泌量が少なくなると勃起を持続力が低下するってことなんだぁ。
だから、血流の悪化を予防する、改善すること、三便宝男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やすことが勃起力をアップして、持続力を強化することにつながる。
男性ホルモンの分泌量が減少すること、血流が悪化することの原因に加齢による老化が要因としてあるのは間違いない。
だが、食生活、生活習慣の乱れ、ストレス、喫煙や飲酒、睡眠不足といった要因も男性ホルモンのバランスを乱し、血液をドロドロにするなど、勃起力を低下させる要因。
なので、NEW勃動力三體牛鞭これから紹介する勃起力を高める方法をしっかり覚えておくようになぁ。
[PR]
by reytuturtr | 2016-09-12 18:28